【レビュー】AKRacing オットマンを実際に使ってみた!値段に見合う価値はあるのか

11 min to read

こんにちは, むらかです!

今回は AKRacing のオットマンをレビューします.

作業時にちょっとでも余計なエネルギーを使わずに済むようにオットマンを購入しました. 長時間同じ姿勢で作業しているとどうしても辛くなって集中力も切れてしまうんですが, そんなときにオットマンがあるとときには足を上げて姿勢を変えることができるので集中力を保つことができるんですよね.

あと, 僕は今 AKRacing の椅子を使ってまして, この椅子は背もたれを大きく倒して仮眠することができるんですが, そんなときにもオットマンがあったほうが足の置き場ができて楽です.

でまあせっかくオットマンを買うなら, この AKRacing の椅子と合うように AKRacing のオットマンを買うことに決めました.

というわけで, 今このオットマンを購入して実際に使ってみてから3週間ほど経過しているんですが, 実際に使ってみた感想などをお伝えしていきますので, 早速見ていきましょう!

AKRacing オットマンの商品ページを見る

オットマンなのに値段は高い

akracing-ottoman-review 04

ではまず購入時に真っ先に思ったことですが, オットマンなのに値段が高いです.

このオットマンがいくらしたかというと16,800円でした. なかなかの値段ですよね.

確かにものは良いと思うんですが, やっぱり AKRacing ブランドということもあり, これくらいの値段になってるんじゃなかなと思います.

ちなみに一般的なオットマンの値段をざっと調べてみた感じだと, 2,000円から6,000円のものが多いですね. 材質だったりキャスターがついているかどうかで値段が変わってくる感じです.

Amazon のオットマン一覧ページ

それと比べると AKRacing のオットマンがいかに高いかがわかると思いますので, 購入を検討する場合は本当に AKRacing であるべきなのかをちゃんと考えたほうが良いと思います.

見た目はかっこいいが周りとの相性次第

では次は見た目について見ていきましょう.

AKRacing ということだけあってやっぱり見た目はスポーティーでかっこいいですね. 特に AKRacing の椅子を使っている場合は相性も良いです.

akracing-ottoman-review 02

AKRacing のロゴは正面の一箇所のみあります.

akracing-ottoman-review 03

ただし見た目の注意点として, このオットマン単体で見ればかっこいいんですけど, やっぱり AKRacing 特有のスポーティーさがあるので, 周りに配置しているデスクや椅子やその他の家具などとの相性が良いかどうかは購入する前に考えておいたほうが良いと思います.

大きさに注意

akracing-ottoman-review 06

では次はオットマンの大きさについてなんですが, AKRacing のオットマンは結構大きいので注意が必要です.

どれくらい大きいかというと, 足置き場ベースで見てみると, 横幅が約52cm, 奥行きが43cmほどです. これがどのくらいの大きさかというと, 椅子の座面くらいの大きさですね. 例えば AKRacing の椅子の座面と比べてみたのがこちらです.

akracing-ottoman-review 07

で, この大きさのオットマンをデスク下に置いてみるとその大きさを実感できるんですが, デスクを壁にくっつけて使用したい場合はデスクの奥行きが結構長くないと, オットマンと椅子がぶつかってしまうんです.

akracing-ottoman-review 08

例えば今僕が使っているデスクの奥行きは80cmあるんですが, それでもこのオットマンをデスク下で使いたいという理由で壁からデスクを15cmほど離しているんです.

akracing-ottoman-review 09

というわけで, オットマンは結構な大きさがあるので, デスク下で使いたい場合は注意しましょう.

高さは若干高いかもしれない

では次はオットマンの高さについてですが, 高さは若干高いかもしれません.

このオットマンは高さをこのように変更できるんですが, 高さを一番低くしたとしても結構な高さがあるんですよね. 実際に測ってみると40cmくらいですね.

akracing-ottoman-review 10

そして実際に足を乗せてみるとこんな感じです. 特別どこかが辛いということはないんですが, もうほんの少しだけ低いほうが楽かもなと感じました.

akracing-ottoman-review 12

椅子の高さとの関係もありますし, 他の人がどう感じるかはわかりませんが, 個人的には少し高いと感じたという話でした.

掃除はしやすいが汚れは目立ちやすい

akracing-ottoman-review 13

では次ですが, AKRacing のオットマンは足置き場のカバーの素材として PU レザーが使われているので, 汚れが目立ちやすいです. ただし掃除はしやすいです.

特にカバーの色が黒だとより汚れは目立ちます. また, ゴミなどがつきやすい足を置くため, 汚れはすぐについちゃいます.

ただし, 掃除はしやすく, 汚れは簡単に落とすことができます. 例えば僕の場合だと週1くらいの頻度でアルコールシートでカバーを拭いていますが, 汚れはすぐに落とせます.

つまり, PU レザーという素材がメリットでありデメリットでもあるんですが, 押さえておいたほうが良いポイントとしては, すぐに汚れがついてしまい目立ってしまうので基本的にはほぼ常に汚れが目に見える状態だということです.

実際に汚れているかどうかはどんなオットマンを使っていても大差ないと思うんですが, その汚れが目に見えるかどうかという点においては AKRacing のオットマンは汚れが目につきやすく, ほぼ常に汚れが目に見えてしまうという点は頭に入れておくと良いでしょう.

足置き場がすぐ回転するのが気になる

akracing-ottoman-review 14

では次ですが, AKRacing のオットマンは足置き場が回転します. そしてこの回転を止めることはできません.

すぐに回転してしまうので, ずっと足をオットマンの上に固定して置いておけば特に問題はないんですが, オットマンの上で足を頻繁に動かしたり, 足をオットマンに乗せたり下ろしたりを繰り返しているとすぐに予期せぬ方向に回転してしまいます.

で, 回転することの何が悪いんだと思われるかもしれませんが, AKRacing のオットマンの足置き場には向きがあるんですよね.

こちらよく見てみるとわかりますが, 足置き場には若干の傾斜がありまして, 両サイドには少し出っ張りがあります. そのため, 足置き場が簡単に回転してしまうのは使う際に弊害になってしまうんです.

akracing-ottoman-review 15

akracing-ottoman-review 16

足置き場は回転しないか, 回転を固定する機能があると良いなと思いました.

その他の細かな感想

では次はちょっとした感想を2つほどご紹介します. 詳しく説明するほどではないけど思ったことです.

1つ目は足置き場の傾斜や両サイドの出っ張りについてです. 直前にもお見せしましたが, このように奥に向かって若干傾斜がありまして, 両サイドは若干出っ張ってます.

akracing-ottoman-review 15

akracing-ottoman-review 16

ただし, 実際に使ってみると正直この傾斜や出っ張りはあってもなくてもどっちでも良いかなと思いました.

2つ目はキャスターのストッパーについてです. 実はこのオットマンのキャスターにはストッパーまでついているんです. ただし個人的にはストッパーまではいらないかなと思いました.

akracing-ottoman-review 17

というわけでちょっとした感想のご紹介でした.

最後に

akracing-ottoman-review 18

というわけで AKRacing オットマンについて, 実際に3週間ほど使ってみた感想をお伝えしてきましたが, 最後に僕の意見をまとめますと, 「いくつか気になる点があるものの大きな不満はない. しかし, 探せばもっと良いオットマンはありそう. そして値段に関しては AKRacing が好きな人なら許容できるかな.」といった内容です.

値段に関しては各々のお財布事情や AKRacing をどれほど好きかというところで決めていただければいいかなと思いますが, 見た目や機能的なことで言えば特別ここが優れているといった点は見当たらなかったので, 正直購入の決め手には欠けます. ただし大きな不満がないというのも事実です.

すでに購入を検討されている場合は判断が難しいかもしれませんが, 金銭的に余裕があれば一旦購入して使ってみるのが早いと思いますし, そうじゃない場合は一旦別のオットマンを調べ直すほうが良いんじゃないかなと思います.

はい, というわけで今回は AKRacing オットマンのレビューでした.

最後までご覧くださりありがとうございました. じゃね!

AKRacing オットマンの商品ページを見る

\ 記事が良かったらシェア! /

むらかこうすけ

むらかこうすけ

フリーのソフトウェアエンジニア.

アプリ開発, ブログ運営, YouTube 発信をメインに活動しています.

現在, ゲームに関するプロダクトを仲間とともに開発しています.

当ブログは Gatsby を用いて構築した完全自作ブログです.

UPDATE