【レビュー】高級オフィスチェア「エルゴヒューマンプロオットマン」を使ってみた

12 min to read

どうも, むらかです.

今回はエルゴヒューマンプロオットマンをレビューします.

見た目はクール, そしてめちゃくちゃ高機能な, 高級オフィスチェアです. そして約11万円もするオフィスチェアです.

ただ最初に結論を言いますと, すごくかっこよくて高機能だったんですが, これがほしいっていう機能がなかったり, 自分の体型的に合わなかったりしまして, 残念なんですが使うのをやめようと決断しました.

僕には合わなかったですが, もちろん合う合わないは人によって違うと思います. ただ値段が高いだけに, 一旦購入してしまうと気軽にやめようと判断するのは難しいですよね.

というわけでね, 僕がこの椅子を購入した経緯から, この椅子の良かった点, そして残念だった点, そして最終的にこの椅子を手放そうと決断した理由についてお伝えしていきます.

エルゴヒューマンプロオットマンの購入を検討している人に役立ては良いなと思いますので, 早速詳細を見ていきましょう.

エルゴヒューマンプロオットマンの商品ページへ

購入した経緯

ではまず僕がエルゴヒューマンプロオットマンを購入した経緯についてです.

僕はもともとゲーミングチェアとして有名な AKRacing の Pro-X という椅子を4年ほど前から使ってきました. こちらです.

ergohuman-pro-ottoman 22

ただ4年も使っているとさすがに座面部分がぼろぼろになってしまい, 使うたびにボロボロ取れてくるので掃除が結構大変なんですよね.

また, 素材が PU レザーなので夏場はどうしても熱くなりがちで, 蒸れてしまいます.

そのため, そろそろ買い換えなきゃなーと思い, 次はこの反省を踏まえてメッシュ素材の椅子にしようと決めました.

そして椅子を探していたら, エルゴヒューマンプロオットマンが見た目もかっこいいし高機能だし, 人気度も高いし, これにしようと決めました.

決め手となったのはオットマン機能ですね. もともと使っていた AKRacing Pro-X は背もたれを最大180度まで倒すことができるので, 仮眠するときなどにそのまま横になれてすごく便利だったんですよね.

ergohuman-pro-ottoman 23

エルゴヒューマンプロオットマンは180度まではいかないもののある程度背もたれを倒すことができ, さらにオットマン機能もついているので, これなら以前と同じように仮眠できるかなと思ったというわけです. これに関してはあとで詳細を改めて説明します.

つまり経緯をまとめますと, 以前使用していた AKRacing Pro-X と同等の機能を持ち, さらに素材がメッシュであるエルゴヒューマンプロオットマンが AKRacing Pro-X の上位互換になってくれることを期待して購入に至ったっていうわけです.

良い点

では次は, エルゴヒューマンプロオットマンの良い点を見ていきましょう. ポイントは全部で5つあります.

1. 見た目がかっこいい

ergohuman-pro-ottoman 01

まず1つ目は, 見た目がかっこいいっていう点です.

まあこれは言わずもがなかと思いますが, 見た目から醸し出される高級感だったり, ガジェット好きな人に刺さるような見た目をしてますよね.

金属のメタリックで高級感あふれるイメージと, メッシュの軽く爽やかなイメージとのバランスがすごく良いと思います.

2. 蒸れずに快適に使い続けられる

ergohuman-pro-ottoman 11

では2つ目の良い点ですが, 2つ目は蒸れずに快適に使い続けられるっていう点です.

先程もちらっと言葉にしましたが, この椅子の体に触れる部分にはメッシュが使われているので, 長時間座っていても快適なんですよね.

さっきも話しましたが, この椅子を購入する前は PU レザー素材のゲーミングチェアを使っていたので, この椅子に買い替えてからはその快適さはすぐに実感できました. 風呂上がりは特にその違いを実感できますね.

3. 柔軟性が高く様々なところを調整できる

そして良い点の3つ目ですが, 3つ目は比較的柔軟性が高く, 様々なところを調整できる点です.

ergohuman-pro-ottoman 07

例えば座面を前後に調整できたり, 高さはもちろん, 背もたれの角度を調整できたり, リクライニング機能もあります. 背もたれも高さの調整ができたり, ヘッドレストも角度調整ができます. そしてアームレストに関しても高さ調整ができたり, 角度の調整もできちゃいます. あとは座面の角度も微調整できたりしますね.

とまあこのように様々な箇所を調整できちゃうんですね. 自分なりに柔軟にカスタマイズできるのは良い点です.

残念な点

では次に残念な点について見ていきましょう. 正直全体的な方向性は良いんですが, あと数歩届かないということが多いです. では詳細を見ていきましょう.

1. 背もたれを倒せる角度が小さい

ergohuman-pro-ottoman 03

残念な点1つ目は, 背もたれをもう少し倒せるようにしてほしいという点です.

せっかくオットマンがあってゆっくり休めるようにしてくれているのに, 背もたれの角度がちょっと足りないんですよね.

オットマンを出して背もたれの角度を最大まで傾けたとき, 寝ようと思えば寝ることはできるんですが, ちょっと辛いなあと感じてしまうんですね.

背もたれを大きく倒せる椅子のほうが珍しいのは事実ですが, もう少し傾けられたら最高ですね.

2. 背もたれを傾けた状態でリクライニングできない

では残念な点2つ目ですが, 2つ目は背もたれを傾けた上でリクライニングできないという点です.

どういうことかというと, よくある椅子の機能として, 背もたれを傾けた状態で, そこからリクライニング機能が使えるというのがあると思います.

ただこの椅子だとそれができないんです. もしリクライニングを使いたければ, 背もたれを90度のこの状態にしてからでしかリクライニングが使えないんです.

ergohuman-pro-ottoman 04

座っててもなんか落ち着かず, 地味にストレスになってしまいます.

3. アームレストの高さが少し高い

ergohuman-pro-ottoman 10

では残念な点3つ目ですが, 3つ目はアームレストの高さが少し高いという点です.

普段デスクとチェアのセットで使うとき, デスクの天板の下にアームレストを潜り込ませて使う人は多いと思うんですが, エルゴヒューマンプロオットマンの場合, アームレストを最も低く調整しても机の高さによってはアームレストとデスクの天板が干渉してしまうんですね.

ergohuman-pro-ottoman 24

だからといって椅子の高さを低くするとそれはそれで座り心地が悪くなるし, といった感じです.

一応天板の高さが少し高めの机を使用するなどといった対策はありますが, どの手段をとるにせよ, 椅子の高さ, アームレストの高さ, 机の高さのどれかが犠牲になってしまう感じなので, 決して良い方法とは言えませんよね.

一応補足しておくと, 机の高さは最低でも70cm以上はあったほうが良いと思います.

手放そうと決断した理由

というわけでエルゴヒューマンプロオットマンを購入した経緯, 良い点, 残念な点とお伝えしてきましたが, 最後に僕がこの椅子を手放そうと決断した理由をお話します.

僕が最終的にエルゴヒューマンプロオットマンを手放そうと決断した理由は, 残念な点でお話した背もたれを倒せる角度が少ない点, アームレストが机に干渉してしまう点の2つです.

ただし, これらは僕の習慣だったり, 体型も関係してくるものなので, 人によっては気にしなくてもいいことかもしれません.

例えば背もたれの角度については, 僕は椅子の上で仮眠する習慣があるので問題となっていますが, そもそも椅子で仮眠なんてとらないという人には関係ありませんね.

また, アームレストが机に干渉してしまうという問題については, 椅子の高さを低めにしている人だったり, 高さが高めの机を使用している場合は関係ありません.

ただ僕にとってこれらはかなり致命的な問題であり, 毎日使うものとしてはすごくストレスになってしまうので, 最終的に手放そうという決断に至りました.

全体的な方向性はすごくいいと思っているんですが, 何かとあと数歩くらい足りないなというのが僕の感想です.

最後に

ergohuman-pro-ottoman 03

というわけでエルゴヒューマンプロオットマンの紹介でした. ぜひこの椅子の購入を検討している方の参考になればいいなと思います.

最後までご覧くださりありがとうございました.

エルゴヒューマンプロオットマンの商品ページへ

\ 記事が良かったらシェア! /

むらかこうすけ

むらかこうすけ

フリーのソフトウェアエンジニア.

アプリ開発, ブログ運営, YouTube 発信をメインに活動しています.

現在, ゲームに関するプロダクトを仲間とともに開発しています.

当ブログは Gatsby を用いて構築した完全自作ブログです.

UPDATE