Hello, I am Kosuke.

Macのユーザーを追加する方法とアカウントの種類を解説

どうも、こうすけ(@kosuke_upd)です。

今回は、Macのユーザーを追加する方法と、追加できるユーザーのアカウントの種類について解説します。

Macのユーザーの追加方法は基本的なことですが、普段行わない作業のため案外やり方がわからないということも多いと思います。また、アカウントの種類にどんなものがあり、それぞれどういったことができるのかを知らないことも多いと思います。

これからユーザーの追加方法やアカウントの種類を解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ユーザーを追加する方法

まずはシステム環境設定を開きましょう。


システム環境設定を開いたら、「ユーザとグループ」を選択しましょう。


「ユーザとグループ」を開いたら、設定を変更できるように画面左下の鍵マークをクリックしましょう。


パスワードを入力するように指示されるので、ログイン中のユーザーのパスワードを入力してロックを解除しましょう。


ロックを解除して設定を変更できるようになりました。ユーザー一覧の下にあるプラスボタンをクリックしましょう。ここからユーザーを追加できます。


追加するユーザーの情報を入力、選択していきます。

アカウントの種類

「新規アカウント」という項目でアカウントの種類を選択できます。アカウントの種類とそれぞれの説明は以下の通りです。

管理者
「管理者」は、すべての操作が可能です。
通常
「通常」は、アプリのインストールや自分自身のユーザーの設定変更は可能ですが、ユーザーを追加したり、他のユーザーの設定を変更することはできません。
ペアレンタルコントロールで管理
ペアレンタルコントロールで管理されているユーザーは、管理者が指定したアプリやコンテンツのみにアクセスできます。
共有のみ
「共有のみ」のユーザーは、共有フォルダにリモートからのみアクセスできます。この設定をしているコンピュータにはログインできず、もちろん設定の変更もできません。

今回は一例として下記のように入力、選択してみました。「パスワードのヒント」は任意項目です。

それぞれの項目を入力、選択したら、画面右下の「ユーザを作成」を選択しましょう。


これでユーザーの追加は完了です。


試しにユーザフォルダを見てみると、ユーザーを追加する際に「アカウント名」の欄に入力したものがユーザフォルダのホームディレクトリに設定されています。


また、追加したユーザーのログイン画面を見てみると、ユーザーを追加する際に「フルネーム」欄に入力したものが表示されています。

最後に

今回は、Macのユーザーの追加方法とアカウントの種類について解説しました。アカウントを追加して使い分けたいときなどはぜひ参考にしながらやってみてください。

また、アカウント名を変更したいときや、ホームディレクトリ(ホームフォルダ)名を変更したい場合、フルネーム(表示名)を変更したい場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。

Macのアカウント名(ユーザー名)とホームフォルダ名を変更する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です