Hello, I am Kosuke.

【Mac】Node.js / npm のインストール方法

どうも、最近はもっぱら Vue.js にはまっているこうすけ(@kosuke_upd)です。

今回は、Mac に Node.js と npm をインストールする方法を解説します。

補足

一応 Node.js と npm を分けて書いていますが、Node.js をインストールすることにより、同時に npm もインストールされます。

では早速やり方を見ていきましょう。

大まかな流れ

まずは、Node.js と npm のインストールの大まかな流れを見てみましょう。

  1. Homebrew のインストール
  2. nodebrew のインストール
  3. Node.js のインストール(同時に npm もインストール)

このような手順で行っていきます。では順番に見ていきましょう。

手順1. Homebrew のインストール

まずは、Homebrew をインストールしましょう。nodebrew をインストールするために Homebrew をインストールします。

Homebrew とは

Homebrew とは、Mac OS でのソフトウェアの導入を単純化するパッケージ管理システムです。パッケージ管理システムとは、様々なソフトウェアのインストール・アインストール作業を簡単に行え、それぞれの依存関係を管理できるシステムです。

参考 macOS 用パッケージマネージャーHomebrew

ターミナルで下記コマンドを実行することで Homebrew をインストールできます。(下記コマンドをターミナルにコピペし、Enter キーを押せば OK です。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

インストールが完了したら下記コマンドを実行し、Homebrew のバージョンを確認できます。

brew -v

Homebrew のバージョンが下記のように表示されると思います。

Homebrew 1.8.6
Homebrew/homebrew-core (git revision 9a7a; last commit 2018-12-22)

手順2. nodebrew のインストール

次は、nodebrew をインストールしましょう。Node.js をインストールするために nodebrew をインストールします。

nodebrew とは

nodebrew とは、Node.js のバージョン管理ツールです。Node.js はバージョンアップの頻度が高いので、その都度ダウンロードし直すのは面倒です。しかし、そんな悩みを解決してくれるのが nodebrew です。nodebrew を使用することにより、Node.js のバージョンを簡単に切り替えることができます。

参考 hokaccha/nodebrew: Node.js version managernodebrew

では、ターミナルで下記コマンドを実行し、nodebrew をインストールしましょう。

brew install nodebrew

インストールが完了したら下記コマンドを実行し、nodebrew のバージョンを確認できます。

nodebrew -v

nodebrew のバージョンと簡単な使い方が下記のように表示されると思います。

nodebrew 1.0.1

Usage:
    nodebrew help                         Show this message
    nodebrew install <version>            Download and install <version> (from binary)
    nodebrew compile <version>            Download and install <version> (from source)
    nodebrew install-binary <version>     Alias of `install` (For backword compatibility)
    nodebrew uninstall <version>          Uninstall <version>
    nodebrew use <version>                Use <version>
    nodebrew list                         List installed versions
    nodebrew ls                           Alias for `list`
    nodebrew ls-remote                    List remote versions
    nodebrew ls-all                       List remote and installed versions
    nodebrew alias <key> <value>          Set alias
    nodebrew unalias <key>                Remove alias
    nodebrew clean <version> | all        Remove source file
    nodebrew selfupdate                   Update nodebrew
    nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version
    nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> using specified <version>

Example:
    # install
    nodebrew install v8.9.4

    # use a specific version number
    nodebrew use v8.9.4

また、引き続き nodebrew を使いやすくするために環境パスを通しましょう。bash の場合はターミナルで下記コマンドを実行しましょう。

$ echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile

環境パスを通したら、これを適用させるためにターミナルを再起動しましょう。

手順3. Node.js / npm のインストール

では最後に、Node.js と npm をインストールしましょう。冒頭でもお伝えしたように、Node.js をインストールすることで、同時に npm もインストールされます。

Node.js とは

Node.js とは、サーバーサイドの JavaScript 実行環境です。

参考 Node.js
npm とは

npm とは、「Node Package Manager」の頭文字をとったものであり、Node.js のパッケージ管理ツールです。フロントエンド開発を行う際によく使われるツールです。

参考 npm

では、Node.js (npm) をインストールするために、まずはターミナルで下記コマンドを実行しましょう。

nodebrew ls-remote

すると、インストール可能な Node.js のバージョン一覧が表示されます。

v0.0.1    v0.0.2    v0.0.3    v0.0.4    v0.0.5    v0.0.6

〜略〜

v10.14.0  v10.14.1  v10.14.2

v11.0.0   v11.1.0   v11.2.0   v11.3.0   v11.4.0   v11.5.0

io@v1.0.0 io@v1.0.1 io@v1.0.2 io@v1.0.3 io@v1.0.4 io@v1.1.0 io@v1.2.0 io@v1.3.0
io@v1.4.1 io@v1.4.2 io@v1.4.3 io@v1.5.0 io@v1.5.1 io@v1.6.0 io@v1.6.1 io@v1.6.2
io@v1.6.3 io@v1.6.4 io@v1.7.1 io@v1.8.1 io@v1.8.2 io@v1.8.3 io@v1.8.4

io@v2.0.0 io@v2.0.1 io@v2.0.2 io@v2.1.0 io@v2.2.0 io@v2.2.1 io@v2.3.0 io@v2.3.1
io@v2.3.2 io@v2.3.3 io@v2.3.4 io@v2.4.0 io@v2.5.0

io@v3.0.0 io@v3.1.0 io@v3.2.0 io@v3.3.0 io@v3.3.1

では下記コマンドのように、インストールしたい Node.js のバージョンを指定してインストールしましょう。

nodebrew install-binary v10.14.2
補足

ここでは、現時点(2018年12月25日)で安定版(LTS)である v10.14.2 を指定しています。

引き続き下記コマンドを実行し、インストールした Node.js のバージョンを確認しましょう。

nodebrew ls

下記のように表示されると思います。

v10.14.2

current: none

まだ current: none と表示されて有効化されていないため、下記コマンドを実行して有効化しましょう。

nodebrew use v10.14.2
補足

バージョン部分は必要に応じて変更してください。

Node.js のインストールが完了しているか、下記コマンドを実行して確認しましょう。

node -v

下記のように、インストールした Node.js のバージョンが表示されたら OK です。

v10.14.2

また、同時に npm もインストールされているかを確認するために、下記コマンドを実行しましょう。

npm -v

下記のように、インストールした npm のバージョンを確認できます。

6.4.1

以上で、Node.js / npm のインストールの完了です。

最後に

今回は、Mac での Node.js / npm のインストール方法を解説しました。

Node.js のインストールは、今回紹介したように nodebrew を使用してインストールするのがおすすめなので、ぜひ参考にしながら実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です