Hello, I am Kosuke.

WordPressの自動ログアウト時間を変更する2種類の方法

WordPressの自動ログアウト時間を変更する2種類の方法を解説します。

WordPress管理画面にログインしてから一定日数経過すると自動的にログアウトしますよね。しかし、毎日のようにWordPressを使用する人にとっては、この自動ログアウト日数が短いと感じることもあると思います。

また逆に、セキュリティを高めるために、一定時間操作がないと自動的にログアウトさせるように設定したい人もいると思います。

というわけで、今回は以下の2種類の自動ログアウト時間の設定方法を解説していきます。めちゃくちゃ簡単なのでぜひ参考にしてみてください。

  • ログインしてから自動ログアウトするまでの時間を変更する方法
  • 一定時間操作がない場合に自動ログアウトする設定方法

ログインしてから自動ログアウトするまでの時間を変更する方法

まずは、ログインしてから自動ログアウトするまでの時間を変更する方法から解説します。

注意

今回「functions.php」ファイルを触るので、作業前にバックアップをとることを推奨します。

手順1. 「functions.php」編集ページを開く

まずはWordPress管理画面の「外観 > テーマの編集」ページを開き、「functions.php」の編集画面を開きましょう。

手順2. コードを追加して保存

「functions.php」を開いたら、以下のコードをコピーして「functions.php」内の任意の位置に貼り付けます。

functions.php
// 自動ログアウト時間変更
add_filter( 'auth_cookie_expiration', 'stay_logged_in' );
function stay_logged_in( $expire ) {
	return 2592000; // 30日間 60 * 60 * 24 * 30
}
補足

なお、上記コード内の4行目にある「2592000」という数字は、WordPressにログインしてから自動ログアウトが行われるまでの秒数です。

「2592000秒=60秒×60分×24時間×30日」という計算であり、上記コードを適用させるとWordPressにログインしてから30日後に自動ログアウトが行われます。

つまり、この数字を変更することで、自動ログアウトまでの時間を自由に決めることが可能です。

「functions.php」内に上記コードを貼り付けたら、保存して変更を適用させましょう。

使用しているWordPressテーマによって異なる部分はあると思いますが、以下のようになると思います。

ログインしてから自動ログアウトするまでの時間を変更する方法に関しては以上です。

一定時間操作がない場合に自動ログアウトする設定方法

では次は、WordPressにて一定時間操作がない場合に自動ログアウトする設定方法を解説します。

注意

今回「functions.php」ファイルを触るので、作業前にバックアップをとることを推奨します。

手順1. 「functions.php」編集ページを開く

基本的な手順は先ほどと同じです。まずはWordPress管理画面の「外観 > テーマの編集」ページを開き、「functions.php」の編集画面を開きましょう。

手順2. コードを追加して保存

「functions.php」を開いたら、以下のコードをコピーして「functions.php」内の任意の位置に貼り付けます。

functions.php
add_action( ‘admin_init’, ‘mytheme_admin_init’ );
function mytheme_admin_init() {
add_filter( ‘auth_cookie_expiration’, ‘mytheme_auth_cookie_expiration’, 10, 3 );
$user = wp_get_current_user();
wp_set_auth_cookie( $user->ID, true );
}
function mytheme_auth_cookie_expiration( $expiration, $user_id, $remember ) {
if ( $remember ) $expiration = 86400; // 24時間 60 * 60 * 24
return $expiration;
}
補足

なお、上記コード内の8行目にある「86400」という数字は、WordPressにログインしてから自動ログアウトが行われるまでの秒数です。

「86400秒=60秒×60分×24時間」という計算であり、上記コードを適用させるとWordPressで1日(24時間)操作がない場合に自動ログアウトが行われます。

つまり、この数字を変更することで、自動ログアウトまでの時間を自由に決めることが可能です。

「functions.php」内に上記コードを貼り付けたら、保存して変更を適用させましょう。

使用しているWordPressテーマによって異なる部分はあると思いますが、以下のようになると思います。

WordPressで一定時間操作がない場合に自動ログアウトする設定方法に関しては以上です。

最後に

今回はWordPressの自動ログアウト時間を変更する2種類の方法について解説しました。ご覧のように、「functions.php」にコードを貼り付けて適用させるだけなのでとても簡単ですね。

ただし、貼り付ける場所を間違えたりコードを間違えたりすると、サイトが真っ白になってしまう恐れもあるので、作業する前にしっかりバックアップはとっておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です